本当に痩せる低炭水化物ご飯ダイエット

今度こそ本当に痩せるために、ご飯の内容を大きく変えてみるという方法があります。巷でも人気の低炭水化物ダイエットです。
ご飯、パン、麺などの炭水化物を抑える事で、体重を一気に落とす事が出来ます。
炭水化物と糖質の2つはよく混同されがちですが、正確には違うものです。「炭水化物=糖質+食物繊維」です。
ダイエットのためにご飯の内容を変えるならば、食物繊維は摂っても良いですが、糖質の量を制限します。低炭水化物ダイエットはもともとアメリカで誕生したダイエット方法で、ローカーボダイエットとも呼ばれています。アメリカの超肥満の患者のために医師が考案した特別な方法です。
本格的なローカーボダイエットは食物繊維の量まで制限したり、脂肪の量も抑える事が必要です。
ただ、美容健康目的で少し痩せたいという程度ならば、それほど強い制限を設ける必要はありません。むしろ、あまり極端に糖質制限してしまうと命に関わる事もあります。
糖質を抑えると、始めた当初は本当に痩せるものです。太り気味の人ならば1週間で3kgくらい一気に落ちる事もあります。
さらに体が「ケトアシドーシス」という、脂肪からエネルギーを取り出す状態になると、脂肪の量も落ちていきます。普通のダイエットでは筋肉が減っただけで脂肪の量は変わっていないという事も多いですが、強制的にエネルギー不足にする低炭水化物ダイエットは本当に痩せる効果が得られます。
食事のコツは、高タンパク質低脂肪のものを摂取する事です。脂肪もある程度は摂ってかまいませんが、一気に脂肪の量を落としたいのならば、低脂肪にすると良いです。
ただしこの方法を行うときは、安全のために1日90~150gの炭水化物は摂取するようにしましょう。また、体に負担をかける運動も極力避けましょう。