ダイエットの肥満度測定と体脂肪計測できるマシン

自分がダイエットをしないといけないほど太っているのかということは、肥満度測定することによってだいたいわかります。肥満度測定には特別なマシンなどは必要なく、身長と体重がわかれば電卓などで簡単に計算することが出来ます。計算式は、身長×身長÷体重です。もし、この式で計算して答えが25以上の場合は、肥満ということになります。肥満には度数があり、25以上から30未満であれば肥満度は1ですが、30以上35未満だと肥満度2という風に数字が上がっていって、度数が高いほど深刻な肥満ということになります。
ただ、この肥満度測定の計算式には例外があります。それは、一般人に比べると脂肪よりも筋肉が多いスポーツ選手、そして、普通の人と比べて筋肉よりも脂肪の方が多い人の肥満度を正確に判定することは出来ないということです。たとえば、格闘技の選手やハンマー投げなどの投擲種目の選手の場合、見た目は体が大きくて太っているように見えても、ほとんどは筋肉で構成されていて脂肪は少ないので、肥満度測定の計算式では25以上になったとしても、肥満ではありません。
人よりも脂肪が多い人の場合は、一見して痩せているが、内臓脂肪が多いというのがよくあります。なので、計算では25未満だけど、実際は筋肉トレーニングのマシンなどを使ってダイエットが必要な体であるといったことが言えるのです。
内臓脂肪が多いか少ないのかというのは、体脂肪の割合を測定できる家庭用の体重計でもある程度わかりますが、こうしたマシンでは正確な数字は出ません。本当に内臓脂肪が多いのかどうかは、病院に行って診断してもらわないと正確にはわからないのです。
なので、痩せていても内臓脂肪が気になるのであれば、ダイエット外来などに行って計測してもらうといいでしょう。